ここから本文です

日産シルビアにロータリーエンジン、なぜ市販目前で発売中止に!? お蔵入りした幻のクルマ5選

3/27(水) 6:10配信

くるまのニュース

時代の流れで発売が中止になったモデルたち

 自動車メーカーは莫大な時間とコストをかけて、新型車の開発を行なっています。そして商品として魅力があり、長くたくさん売れるクルマを目指すことが必須条件です。

発売目前でお蔵入りになった悲しいクルマを画像でチェック(31枚)

 実際に市販化するまでは幾度かの試作車を作り、デザインやメカニズムを煮詰めて行きますが、極稀に諸事情により市販化一歩手前で開発が延期、凍結、中止されるケースもあります。

 そこで、市販目前で発売が中止されたモデル5車種をピックアップして紹介します。

●ホンダ「スポーツ360」

 1962年、第9回全日本自動車ショーのホンダブースに、赤い小さなオープンカー「スポーツ360」が展示され、大いに注目を浴びます。

 ほかに軽トラックの「T360」と「スポーツ500」が展示され、どれかがホンダ初の4輪車になることが決まっていましたが、結果T360がホンダ初の4輪車として発売され、続いて「S500」を発売。スポーツ360は発売されませんでした。

 理由は、国が主導して国際競争力強化のために自動車会社の再編を行ない、統廃合や新規参入の制限をするという法案(特定産業振興臨時措置法案:特振法)の施行が迫っていたため、ホンダは軽自動車だけでなく普通乗用車の発売が急務だったからです(仮に軽自動車のみ発売していたらホンダは軽自動車専売メーカーになっていた)。

 結局、特振法は廃案となりますが、スポーツ360は発売されることなく幻のモデルになってしまいます。

 その後のスポーツ360は行方不明に。そこで、ホンダの有志によりスポーツ360の復刻プロジェクトが立ち上がり、東京モーターショー2013での展示に向け動きました。

 復刻にあたり図面も一部が失われたなか、T360のDOHC直列4気筒エンジンを流用し、ボディも一部残っていたパーツ以外は新規で制作。写真やOBの証言などをつなぎ合わせ、完成に至ります。

 こうして復刻したスポーツ360は東京モーターショー2013のホンダブースで「S660コンセプト」と共に壇上に展示され、再び来場者の注目を浴びることになりました。

1/3ページ

最終更新:3/28(木) 6:39
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事