ここから本文です

昭和シェル、きょう上場廃止。統合新会社で再出発

3/27(水) 7:50配信

ニュースイッチ

 昭和シェル石油が27日付で上場廃止となる。昭シェルは2018年7月、出光興産と経営統合することで合意し、10月には昭シェル株式1株に対して出光株式0・41株を割り当てる株式交換契約を締結した。4月1日付で出光が昭シェルを完全子会社化し、統合新会社の呼称として「出光昭和シェル」を使い、事業展開する。

 石油業界では17年4月に旧JXホールディングス(HD)と旧東燃ゼネラル石油が統合し、国内燃料油販売で過半のシェアを握るJXTGHDが誕生。出光と昭シェルが経営統合すると全国7製油所と系列給油所約6600カ所でシェアは30%強になり、JXTGHDを追撃する態勢が整う。

 昭シェルの母体となった旧昭和石油が上場したのは1949年5月。同社が上場約70年の歴史に区切りをつけ、国内石油元売り業界は2強体制に入る。

最終更新:3/27(水) 7:50
ニュースイッチ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ