ここから本文です

平均よりも頭が良いことを示す、科学的なサイン

3/27(水) 20:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

誰だって、周囲の人たちの中で一番頭の良い人物でありたい。仮にそうだとして、どうすれば分かるだろう?

【全写真を見る】平均よりも頭が良いことを示す、科学的なサイン

数十年にもわたる調査によって、科学者は高い知能と関連するいくつかの特性や行動を明らかにした。

注意点:これらの特性や行動に当てはまるとしても、必ずしも頭が良いというわけではない。これらは単に優れた認識能力と関連している。

あなたは自分が思うよりも頭が良いのかどうか。チェックしてみよう。

タバコを吸わない

2010年に発表されたイスラエルの研究では、2万人の若い男性の喫煙状況とIQを比較した。結果は以下の通り。

・18~21歳のIQの平均値は、喫煙者が94、非喫煙者が101。
・喫煙者のうち、1日1パック以上を吸う人のIQの平均値は90。
・兄弟でも、非喫煙者は喫煙者よりもIQが高かった。

音楽のレッスンを受けていた

調査によると、音楽はいくつかの点において、子どもの精神の発達に役立つ。

・サイコロジカル・サイエンス(Psychological Science)誌に掲載された2011年の小規模な研究によると、4~6歳児の言語能力は、音楽のレッスンを受けて1カ月も経たないうちに向上した。
・同じくサイコロジカル・サイエンス誌に掲載された2004年の研究によると、9カ月間、ピアノのレッスンを受けた6歳児のIQは、演劇のレッスンを受けた子ども、あるいは何のレッスンも受けなかった子どもよりも大きく向上した。
・フロンティアズ・イン・ニューロサイエンス(Frontiers in Neuroscience)誌に掲載された2018年の論文によると、正式な音楽のレッスンを受けた子どもは、他の子どもに比べて言語能力、プランニングなどのテストで良い成績を収めた。

だが、逆の研究結果もある。例えば2017年の調査は、音楽の訓練は認知能力を全般的に高めるわけではないことを示唆した ― 向上するのは、音楽的な能力のみだ。

第一子

兄弟姉妹の中で一番年上の子どもは、頭が良いことが多い。だが、必ずしも遺伝的なものではない。

全米経済研究所(National Bureau of Economics Research:NBER)が発行するNBER Reporterの2017年12月号に掲載された記事は、第一子は他の兄弟姉妹よりも頭が良く、成功して、リッチになる傾向があると論じた。

その理由の1つとして、記事は両親が2人目以降の子育てにあまりお金をかけなくなることをあげた。

一方、2015年に発表された論文は、約27万2000人を調査した結果、IQと個人の特性の関係は意味がないほど小さいことを明らかにし、過去の数十年の研究結果を否定した。

つまり、生まれた順番が仮に仕事や収入などに関係しているとしても、それは第一子が本質的に頭が良い、あるいは優れていることの理由にならない。

1/2ページ

最終更新:3/28(木) 6:07
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事