ここから本文です

JR中央線に飛び込んだ人が忽然と姿を消す。JR東日本「当社も困惑しております」

3/27(水) 16:29配信

ハフポスト日本版

JR中央線の線路に飛び込んだはずの人物が忽然と姿を消した。「幽霊が出たのでは…」と、ネット上に動揺が広がっている…。

きっかけは3月26日に朝日新聞デジタルが掲載した「線路に人が飛び込み、一時運転見合わせ JR中央線」という記事だった。

新宿発松本行きの特急「あずさ33号」が25日午後8時20分ごろ、武蔵小金井駅(東京都小金井市)で非常停車。運転士がホームから人が線路に飛び込んだのに気付いて、ブレーキを作動させたが、その後の捜索で車両周辺に負傷者は見当たらなかったと報じていた。

線路に飛び込んだはずの人が、忽然と消えてしまった今回の事件。Twitter上では「よく読むと怖すぎる」「運転手さんは何が見えたのだろうか…」「絶対幽霊でしょ...」と話題になっていた。

「運転士が見たので間違いありません」

ハフポスト日本版が3月27日、JR東日本八王子支社に取材したところ、以下のような回答だった。

「人が飛び込んだのは、あずさ33号の運転士が見たので間違いありません。線路には人影がなく、列車にも人が衝突した形跡がなかったため、当社としても困惑しております。監視カメラの映像については、お答えできないことになっています」

「午後9時すぎに隣接する東小金井駅で、利用者の男性から駅員に『自分が電車を止めた』という趣旨の報告がありました。ただ、実際にこの男性が武蔵小金井駅で飛び込んだのかは確認が取れていません」

「あずさ33号」は1時間後の午後9時半に運転を再開。八王子支社によると急停車の影響で、中央線快速の東京~高尾間が一時運休となり、約3万7000人に影響が出たという。

安藤健二

最終更新:3/27(水) 18:53
ハフポスト日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事