ここから本文です

イチロー凱旋…歓喜と惜別の引退前夜【ボクたちにはMLBが必要なんだ!】

3/27(水) 20:19配信

ベースボールキング

第9回:ラストダンスは私に・前編

 2018年の2月下旬に「2019年3月にMLB公式戦が7年ぶりに日本で開催」の第一報。

 どうやら7年前と同じく、マリナーズとアスレティックスが東京ドームで開幕戦を行うという情報が流れ、2018年3月5日には、イチローがマリナーズに電撃的な復帰を果たした。同年の5月上旬に日本での開幕カードが正式に発表され、ほぼ同時期の5月3日に、イチローが「スペシャルアシスタントアドバイザー」に就任。残り試合には出場せず2019年シーズンの復帰を目指すことが伝えられた。その一連の流れから、多くの人の頭の中に「今度の開幕戦がイチローの引退試合になるのではないか――」という思いが芽生えていたはずだ。

 2012年の時点でも「メジャーリーガーとして東京でプレーするイチローを観るのは最後かも知れない」と思っていたファンも多かったはず。ボクもそう思って観戦したくちだ。それがまさかの、イチロー IN DA TOKYO DOME バックアゲイン! さらには、菊池雄星がマリナーズに入団し、開幕第2戦で先発=MLBデビューすることも開幕1週間前に決定した。(ちなみに彼はNPBでのデビューも東京ドーム)

 対するアスレティックスも、昨シーズンはまさかのシーズン97勝をあげ、ポストシーズンに進出。今年はさらにその上を狙えそうなチーム状態ということで、これは非常に面白そうな2試合になるに違いない。ボクがまず何をしたかというと、1月にチケット最速先行販売を取り扱うローソンチケットの有料会員に入会し、何が何でもチケットを確保する準備を始めた。

 あいにく、自分の本業=バンドのスケジュール的に3月21日(木)の開幕第2戦は移動日とぶつかる可能性が高く、3月20日(水)開幕戦のチケット確保に集中することに。アスレティックスのホームゲームということで、一塁側がアスレティックス、三塁側がマリナーズ。ボクは日本で行われるMLB関連試合は必ず外野指定席で観ることにしているのだが、今回はなぜかマリナーズ側=レフトの方が若干値段が高い設定だった。

 これはイチローがレフトを守ることを前提にしているのかも知れない。ならリスク回避でライト側のチケットを狙おう。これでイチローが本来の“AREA 51”であるライトを守ったら最高だよな~、という感じで申込むと見事当選。というわけで、ボクが務めるラジオ番組、FMおだわら『NO BASEBALL, NO LIFE』の制作陣4名で参戦することが無事に決定し、チームや選手の情報を自分なりに収集していくことに。

 そこへBASEBALL KINGさんから「記者としてMOBYさんの分も申し込んでみましょうか?」という有り難すぎる申し出が。「もちろんです!」とダメ元で申し込んだところ、まさかの取材申請許可がおりた!ということで、開幕戦は客として、第2戦は記者として、2019年MLB開幕シリーズ@東京ドームに参加することになったのです。

1/3ページ

最終更新:4/17(水) 12:00
ベースボールキング

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/26(水) 11:25

あなたにおすすめの記事