ここから本文です

萩原健一さん死去、68歳 極秘闘病の末、4度目妻に看取られ…波乱の生涯に幕

3/28(木) 22:10配信

デイリースポーツ

 俳優・萩原健一=本名・萩原敬三=さんが26日午前10時30分、都内の病院で亡くなっていたことが28日、分かった。68歳。所属事務所が書面で発表した。病名はGIST(消化管間質腫瘍)。2011年からひそかに闘病していたが、本人の強い要望で病名の公表を控えていた。妻でモデルのリカ=本名・理加=さん(57)が最期を看取ったという。葬儀は家族のみで営まれ、都内の斎場で27日に荼毘(だび)に付された。

【写真】リカ夫人とツーショットで照れ笑いを浮かべる萩原さん

 萩原さんは1967年、「ザ・テンプターズ」のボーカリストとして、16歳でデビュー。ドラマ「傷だらけの天使」など俳優として圧倒的カリスマ性を発揮。“永遠の不良”と呼ばれた。嵐のように生きた生涯に幕が下ろされた。

 昨年7月にはラグビーをテーマにしたNHKドラマ「不惑のスクラム」の収録に参加。同11月に放送されたTBS系「歌のゴールデンヒット」では堺正章と共演。グループサウンズのレジェンド2人の共演が話題を集めたばかりだった。

 私生活では80年に結婚、84年に離婚した女優・いしだあゆみらと、過去に3度、離婚を繰り返し、2011年2月、モデルの冨田リカと4度目の結婚した。

 自身でも「嵐のように激しく生きてきた」と振り返っていたように、波乱に満ちた人生だった。83年には大麻取締法違反(所持)で逮捕。84年に飲酒運転で人身事故を起こし、逮捕。2004年10月にも人身事故を起こして逮捕され、謹慎した。

 05年には降板した主演映画の出演料をめぐるトラブルにより、恐喝未遂容疑で逮捕。同6月に懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受け、事実上活動を休止した。

 08年に活動再開。11年にリカ夫人と“4度目婚”後は、物腰も柔らかくなり、あちこちで「ショーケンが丸くなった」と言われるようになった。

 恋人つなぎで会見に現れるなど、周囲の人がうらやむほどアツアツで、「今まではジェットコースターのような人生だったけど、今はメリーゴーラウンドのようだね」「愛してます」などと穏やかな笑顔で話していた。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事