ここから本文です

「ポタリング&ウオーキング」開催、行田の名所など楽しむ ママチャリ参加も歓迎、親子の絆も深まる

3/28(木) 12:03配信

埼玉新聞

 自転車やウオーキングでチェックポイントを回り、埼玉県行田市の名所などを楽しむ「行田ふれあいポタリング&ウォーキング2019」(市自治会連合会主催)が同市内で行われた。今回で5回目。

大宮駅前で「ご飯のおとも大集合」など東日本各地の特産品集結 東日本連携センター開設記念で28日催し

 コースはこれまでのポタリング30キロ、ウオーキング10キロに加え、今回は“ママチャリ”でも参加しやすいショートコース「ポタリング・ママチャリ15キロ」を新設。小学生以上の計約320人がエントリーした。

 スタート、ゴールは市役所南にある行田市バスターミナル。ママチャリ15キロは忍城やさきたま古墳、古代蓮の里がコースで、景色や風情などを楽しんだ。

 30キロコースの利根川土手沿いはカラシ菜が黄色の花を咲かせ、参加者は「眺めがいい」「きれいだな」と会話を弾ませながら、次の目的地へ向かった。

 4回目の参加という熊谷市の高校2年生坂田俊介さんは「自転車のマナーも身に付く。歴史が学べ、自然も体感できて毎回新しい発見をしています」と息を弾ませる。

 熊谷市の小沢美恵子さん(40)と長女で小学3年生の鈴(りん)さんは初参加。美恵子さんは「スポーツをしながらコミュニケーションが取れて、親子の絆も深まる。自転車をこぎながら会話が増えました」、鈴さんも「楽しい。来年も参加したい」とほほ笑んでいた。

最終更新:3/28(木) 12:03
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事