ここから本文です

選抜から世界へ【第41回全国選抜高校テニス大会】

3/29(金) 14:52配信

THE TENNIS DAILY

「第41回全国選抜高校テニス大会」最終日の3月26日。
個人戦男子・女子の優勝選手に大会の「スペシャルパートナー」Wilson アメアスポーツジャパン株式会社の上田篤 様より、USオープン・ジュニア予選のワイルドカードが授与された。
USオープンジュニア予選に挑戦する権利を得た影山選手と山口選手は、8月末に「選抜から世界へ!」の言葉を心に刻み、ニューヨークで世界と戦う。
目指せ!選抜からUSオープンジュニア 優勝選手誕生!

【写真】高校生テニスプレーヤーが招待されたBNPパリバ「フェドカップ by BNPパリバ2019」の様子

個人戦男子優勝
影山 太星 選手(名経大市邨2年)

個人戦女子優勝
山口 瑞希 選手(城南学園2年)



また影山選手は、閉会式終了後試合で審判を務めてくれた福岡の高校生審判の皆さんに感謝の言葉を伝えた。
全国選抜高校テニス大会では、高校生審判の技術向上にも務めており、審判のための指導用DVDを制作、国際審判員による審判講習会も定期的に行われており、高校生審判の頑張りと成長を見ていた関係者にとっても感動の場面となった。

また、予選から勝ち上がった山口選手の頑張りを、WOWOWブースのLIVE中継モニターで、大会期間中応援してくださっていたゴールドパートナー「やまや」の山口さんは、感激のあまり「やまやのめんたいこを山口選手にプレゼントしても良いですか?」と嬉しいお申し出を頂き、男子・女子の両優勝選手にやまやのめんたいこを贈呈した。



古賀大会会長からは、選手・監督・大会関係者への感謝の気持ちと、選抜の未来にかける熱い思いを参加者に伝え、温かい感動の中、第41回全国選抜高校テニス大会は閉会した。
大会関係者一同、すでに次の「第42回大会 始動!」という認識で、更に魅力的な大会を目指し動き出している。

全国選抜高校テニス大会アドバイザー 宮崎愛伎代

※写真は全国選抜高校テニス大会の様子(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)

(c)テニスデイリー

最終更新:3/29(金) 14:52
THE TENNIS DAILY

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事