ここから本文です

飯田里穂がチューニングしたイヤホン「FI-DO6SS ANT20」、3/29より予約受付開始! 限定300台で5/8に発売。価格は32,400円

3/29(金) 17:57配信

Stereo Sound ONLINE

 S’NEXTは、無料デジタル放送「i-dio」で絶賛放送中の人気番組「COUNTDOWN FRIDAY 飯田里穂のオールアニソンTOP20」とのコラボイヤホン「FI-DO6SS ANT20」を、同社が展開するfinalブランドから発売する。チューニングを手掛けたのは、同番組のパーソナリティでもあり、人気声優の飯田里穂。発売は5月8日で、本日3月29日より予約を受け付ける。価格は¥32,400(税込)。全国のe☆イヤホン各店で販売する。

 飯田里穂からのリクエストは「とにかく音質の良いものを!」「ノリの良い低音が感じられるサウンドを!」というものだったそうで、finalショールームで約3 時間にも及ぶ打ち合わせを経て、音質チューニングから本体デザインやアクセサリー、パッケージに至るまで、氏のこだわりに応えたモデルが完成した。

 音質は、finalのハイエンドイヤホン「LAB I」(2014年発売)の製作チームが担当し、飯田のリクエストに応え、量感のある低音のなかに美しく響く中高音に特長を持たせた、臨場感のあるサウンドが再現されているという。

 なお、予約開始と合わせ、全国のe☆イヤホン店頭でもデモ機が設置されるので、試聴可能となるそうだ。

 筐体については、シルバーアクセサリーが好きな飯田の希望に合わせ、ステンレス削り出し鏡面仕上げを採用。金属の質感を活かした美しいデザインと、R 側には「Riho Iida」、L 側に「#ANT20」(番組のTwitter ハッシュタグ) のレーザー刻印を施し、限定モデルであることを演出している。

 イヤホンとしては、ドライバーに独自開発のフルレンジバランスドアーマチュア(BA)型をデュアルで使用、飯田のリクエストに応え量感ある低音を実現している。

 イヤーピースは、飯田のイメージカラーであるターコイズブルーを採用し、フィット感を高めた「ソフトタイプ」を新設計して同梱しているのも特筆事項だろう。サイズは5種類を用意する。

 リケーブルに対応し、コネクターはMMCX仕様。プラグは3.5mmステレオミニだ。

 なお、製品パッケージは飯田監修によるオリジナルデザインで、ターコイズブルーの海をイメージした、日本古来の和柄【青海波( せいかいは)】をベースに、本人が書き下ろしの名前の【書】が配されている。加えて、飯田によるメッセージカード入りで、一つ一つシリアルナンバーが記載されるというプレミアム感も与えられている。


▼FI-DO6SS ANT20の主な仕様
ユニット:バランスドアーマチュア(BA)型ドライバー×2
インピーダンス:58Ω
感度:106dB
質量:27.1g
コネクター:MMCX
プラグ:3.5mmステレオミニ
ケーブル長:1.2m
同梱品:イヤーピース(SS/S/M/L/LL)、イヤーフック、シリコンケース、シリアルナンバー入り特別メッセージカード

https://www.e-earphone.jp/shopdetail/000000232936

最終更新:3/29(金) 17:57
Stereo Sound ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事