ここから本文です

【独占】ロッテの大型新人・藤原恭大が開幕直前に語った知られざる苦悩と中日・根尾へのメッセージ

2019/3/29(金) 5:00配信

THE PAGE

中学時代に3年間一緒にプレーした広島の小園は開幕1軍に残り、大阪桐蔭時代に共に春夏連覇を果たした中日の“盟友”根尾は、怪我が原因で2軍スタートとなった。
 藤原は「想像通りです」と言う。
「小園と根尾ではタイプが違うんです。“小園は、いきなり150キロを普通に打ちますよ”と僕は言っていました。天才型なんです。広島で開幕1軍を勝ち取るところまでの想像はできなかったですが、打てると思っていました。でも、根尾は、いきなり打つタイプじゃない。徐々に、徐々にというタイプ。高校時代も、3年生で一気に花が咲きました。だから根尾は徐々に出てきますよ」
 根尾とは連絡をほとんどとっていない。
「お互い自分のことだけで必死でしょう」
 そこには親友でありライバルでもある微妙な心理も見え隠れしている。
 ――小園は早熟天才型。根尾は努力晩成型。では、あなたは?
「身体能力は奴らに100%負けない自信があります」
 藤原は、なぜ大阪桐蔭が、プロ養成学校と言われるほど、次から次へと有望選手をプロへ送り続けて成功しているのか、その理由について、語ってくれた。
「正直、中学で地域で一番うまい、日本で一番うまい選手が入ってきています。入学して周りを見た瞬間に日本一を取って当たり前、と思いました。中学生のトップが集まるんです。緊張もしましたし、そういう選手に囲まれると、気持ちの強い選手しか残りません」
 その選ばれた人間がさらに競争を勝ち抜きプロへいく。
「根本的な能力、素材もありますが、そこから上へいくために必要なことは努力と気持ちの2つです。中でも根尾は、だんとつでした。彼は日本一努力をしていました」
 ーーあなたよりも?
「僕が同じようなことをすれば体が潰れます。根尾が自主トレで怪我してしまったのも練習をしすぎた影響もあったんです。でも、そこが根尾の強み。人より努力できることです」
 そういう大阪桐蔭の土壌で培ってきたことが、さらなる精鋭が集まっているプロの世界でも生きている。競争を勝ち抜く気持ちの強さの重要度は、大阪桐蔭でもプロでも共通している部分。
「それはあります。本当に少しの差、紙一重だと思うんです。努力をしてうまくなる人は。でも、その努力が自信になる。結局、その自信が打たせてくれるんです」

 ーーさあ開幕。どんな結果をイメージしている?
「とにかくヒットを打ちたい。それしか考えていません」
ーーヒーローインタビューをイメージしているのでは?
「シーズンで1、2回できれば。そんなもんですよ」
 最後に聞きたい。
――プロでやれるのか?
「やれる自信はある。このプレースタイルで上を狙う。(走攻守の)3個が揃っていないと上へ上り詰められない。そこを磨き続けたい」
――今、口にできる目標は?
「怪我なくプレーすることと、1年を通じて、ずっと1軍にいたい。結果を残さないとすぐ落ちる。そこはわかっています」
  今日29日、ロッテは本拠地での開幕戦に楽天を迎える。楽天の予告先発は、昨年の最優秀防御率タイトルホルダーの岸。18歳の大物ルーキーは、きっと語り継がれるであろう、その偉大なる一歩をどんな形で踏み出すのだろうか。

(文責・本郷陽一/論スポ、スポーツタイムズ通信社)

4/4ページ

最終更新:2019/3/29(金) 5:00
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ