ここから本文です

RIZAP、建築子会社「タツミプランニング」の主要事業を売却へ

3/29(金) 18:42配信

東京商工リサーチ

 RIZAPグループ(株)(TSR企業コード:295695790、新宿区、瀬戸健社長、札証アンビシャス、以下ライザップG)は3月29日、連結子会社の(株)タツミプランニング(TSR企業コード:352016531、横浜市西区、長谷川亨社長、以下現タツミ社)の戸建住宅・リフォーム部門を売却すると発表した。
 現タツミ社の戸建住宅・リフォーム事業を会社分割により新設会社に承継し、新設会社の全株式を高松建設(株)(TSR企業コード:571632173、大阪市淀川区、高松孝年社長)に譲渡する。新設会社は高松建設の100%子会社となる。現タツミ社は、会社分割後も引き続きRIZAPグループの100%子会社のまま存続し、不採算が続いているメガソーラー事業などを手掛ける企業となる。新設会社の商号は、(株)タツミプランニング(5月15日設立予定)。

 現タツミ社は、2016年2月にRIZAPグループの傘下入り。注文住宅の販売やリフォームを主力に手掛ける。2013年に太陽光発電所の建設・販売を行うメガソーラー事業を開始したが、後発参入であったことに加え、固定買い取り価格の下落などが影響し、2019年3月期第3四半期で約7億3000万円の赤字を計上していた。
 今回の会社分割、株式譲渡に伴い、ライザップGは2019年3月期に、高松建設への譲渡価格(約15億円予定)と新設会社の純資産の差額を売却益として計上する。一方、売却益を大きく上回る額の現タツミ社に残るメガソーラー事業の減損などを計上する見込み。
 ライザップGでは、グループ企業の抜本的な構造改革に取り組んでおり、今回の会社分割で、グループ会社の売却は3例目となる。ライザップGの担当者は東京商工リサーチの取材に対し、現タツミ社に残るメガソーラー事業の撤退の可能性について、「あらゆる方策を検討中」とコメントしている。

最終更新:3/29(金) 18:42
東京商工リサーチ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事