ここから本文です

トヨタの東京販売各社で不正アクセス判明 最大310万件の顧客情報流出か

3/29(金) 16:56配信

くるまのニュース

東京地区販売店における顧客情報流出の可能性

 2019年3月29日、トヨタは東京の販売子会社に対して、ネットワーク上の不正アクセスがあり、最大310万件のユーザー情報が社外に流出した可能性があると発表しました。

トヨタの販売店を画像で見る

 不正アクセスがあったのは2019年3月21日となり、トヨタの販売子会社であるトヨタ東京販売ホールディングス株式会社傘下の東京トヨタ自動車株式会社、東京トヨペット株式会社、トヨタ東京カローラ株式会社、ネッツトヨタ東京株式会社、トヨタメトロジック株式会社の販売各社。

 さらに、レクサス小石川販売株式会社、ジャミール商事株式会社(レクサス練馬)およびトヨタ西東京カローラ株式会社に対して、ネットワーク上の不正アクセスがされていたようです。

 同ネットワークに接続されているサーバーに保存されていたユーザー情報が最大310万件も社外に流出した可能性があることが判明しています。

 トヨタは、「今回、流出した可能性がある情報には、クレジットカードに関する情報は含まれておりません」とコメントしています。

くるまのニュース編集部

最終更新:3/29(金) 22:21
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事