ここから本文です

森の完璧救援と新人・甲斐野の開幕星に思う【タカ番記者の好球筆打】

3/30(土) 9:00配信 有料

西日本スポーツ

9回無死、西武・金子侑を空振り三振に仕留めた森

 ◆ソフトバンク5-4西武(29日・ヤフオクドーム)

 多くの人が度肝を抜かれたのではなかろうか。ホークス先発千賀の第一投だ。誰もが注目する開幕戦の初球に、161キロもの直球を投げ込んだ。2球目にも161キロの直球を投げ込んだのだから、恐れ入る。

 ヤフオクドームでは昨季から投球の軌跡を精密に測れる機器「トラックマン」を導入している。計測位置によって多少の誤差は生まれるだろうが、その性能は高いとされており、信用してもいいのではないか。

 その約30分ほど前の開幕戦セレモニーでは昨季の日本一を祝し、チャンピオンリングの贈呈式が行われた。王球団会長から選手会長の柳田へ。その光景を、昨季の「真の王者」でもある西武が三塁側ベンチから見ていた。個人的にはこちらの方が度肝を抜かれた…というか、滑稽に映った。

 さて、肝心の試合はというと、開幕戦から延長11回までもつれる熱戦となった。最後はデスパイネがサヨナラ打を放ち、工藤ホークスが白星発進を収めたが、その機運を高めたのは言うまでもなく新人右腕の甲斐野だろう。最高のデビュー戦となったに違いない。 本文:1,092文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

西日本スポーツ

最終更新:3/30(土) 9:00
西日本スポーツ

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る