ここから本文です

豪で死亡の2少年は横浜の高1 神奈川大付属の海外交流企画

3/30(土) 16:25配信

共同通信

 神奈川大付属高は30日、横浜市内の同校で記者会見し、オーストラリア北東部クイーンズランド州の観光地フレーザー島で溺れて死亡した日本人の少年2人が、海外交流プログラムに参加していた1年の男子生徒だったと発表した。

 2人はいずれも16歳。29日は終日、プログラムの一環でエコツアーに参加する予定で、引率教員や添乗員、現地レンジャーとマッケンジー湖を訪れ、写真を撮ったり泳いだりしていて行方不明になった。到着から約10分後、集合写真を撮ろうとして気付いたという。

 プログラムには1、2年生の男女15人と引率教員2人が参加し24日に成田空港を出発した。

最終更新:3/30(土) 19:04
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事