ここから本文です

阪神園芸の奮闘に客席から歓声 啓新-智弁和歌山 110分の中断を経て再開

3/30(土) 17:27配信

デイリースポーツ

 「選抜高校野球・3回戦、啓新-智弁和歌山」(30日、甲子園球場)

 昨年準優勝校、強豪・智弁和歌山と甲子園初出場の啓新の一戦は、雨天で2時間近い中断を余儀なくされた。

【写真】グラウンドの整備で“神業”を見せる阪神園芸

 小雨の中で試合が始まり、一回、智弁和歌山は無死一塁で西川晋太郎内野手(3年)の適時二塁打で1点を先制。しかし、その後は雨が激しくなり、二回終了時に試合が中断された。

 内野の土はぬかるんだ状態となったが、本塁とマウンドにシートを敷いて天気の回復を待った後、阪神園芸のグラウンドキーパーが新しい土を入れるなど約1時間の整備を懸命に行った。阪神園芸が登場した際には、スタンドからは歓声と拍手が沸き起こった。

 同時にベンチで待機していた選手たちもアップを始め、1時間50分の中断を経て、試合は午後5時21分にナイター照明点灯とともに再開された。

最終更新:3/30(土) 18:08
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事