ここから本文です

多田修平、スパイクをナイキに変更…社会人入りへ心機一転

3/31(日) 6:13配信

スポーツ報知

 17年ロンドン世界陸上男子400メートルリレー銅メダルの多田修平(22)=関学大=が、今季から使用スパイクメーカーをナイキに変更することが30日、分かった。昨季まではミズノ製を使用していたが、新社会人として住友電工入りする今季から心機一転。ともに16年リオ五輪男子400メートルリレー銀メンバーの山県亮太(26)=セイコー=、ケンブリッジ飛鳥(25)=ナイキ=ら、短距離勢に愛用者も多いナイキ製を新相棒に、悲願の100メートル9秒台突入へ挑む。

 関学大3年時の17年季に台頭した多田は、同年日本選手権で2位となり、ロンドン世陸代表入り。同年秋の日本学生対校選手権では、自己記録を10秒07に伸ばした。18年もジャカルタ・アジア大会400メートルリレーの第2走者として、20年ぶり金メダルに貢献。世界リレー(5月、横浜)、世界陸上(9~10月、ドーハ)が控える今季も躍進し、20年東京五輪へ弾みをつけたい。

最終更新:4/1(月) 14:27
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ