ここから本文です

見えない監督が映画を撮った。期待を裏切り続ける144分間を通じて「喧嘩を売る」理由

3/30(土) 9:02配信

BuzzFeed Japan

人間は情報の8割を視覚から得ていると言われている。
日々の生活で目に見えるものに囚われないことの方が、きっと難しい。

ある1人の全盲の男性が、映画づくりに挑戦した。そんな彼の映画づくりの始まりから終わりまでを記録したドキュメンタリー映画『ナイトクルージング』が3月30日に渋谷・アップリンク他で公開される。【BuzzFeed / 千葉雄登】

映画をつくる上で、「見えない」ことは致命的にも思える。
果たして、「見えない」監督が作り上げる映画とはどのようなものなのか。

《見えない監督の映画に、あなたは何を“観る“のか?》

ポスターに大きく打ち出されたこの問いは、見る者一人ひとりに突きつけられている。

全盲の映画監督と出会うまで

『ナイトクルージング』の監督、佐々木誠さんはCMやテレビ番組、映画と映像作品を幅広く手がけてきた。

これまで製作してきた映画を振り返ると、いわゆるマイノリティと呼ばれる人々が登場することが多い。そのきっかけは偶然の出会いだった。

すべての始まりは2005年。知り合いのプロデューサーが手がけるアートアクションユニット「マイノリマジョリテ・トラベル」の活動の記録映像を依頼されて制作したことまで遡る。

佐々木さんはそこで身体障害者、性同一性障害、摂食障害…と多様なバックグラウンドを抱える人と出会った。

「もともと障害というテーマに興味を持っていたわけではないんです。その後、そこで知り合った身体障害者の友人に提案されて1本短編映画を撮ったことで、一人歩きして様々な話が舞い込むようになりました」

そんな佐々木さんへ、視覚障害者の当事者団体から声がかかった。依頼は「視覚障害者を主人公に面白い映画を撮って欲しい」というもの。その団体の集会へ参加するうちに、同い年の加藤秀幸さんと意気投合する。

「同い年なら映画は何を見た、音楽は何を聞いたって話になるじゃないですか。そこでお互いジャッキー・チェンやトップガンが好きだっていう共通点があることがわかって…」

「でも、ふと気付いたんです。あれ、こいつ映画を『見る』ことはできないよなって」

「見えるか / 見えないか」そんな違いを持つ者としてではなく、2人は映画好きの同い年として出会った。

1/3ページ

最終更新:3/30(土) 9:02
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事