ここから本文です

GENERATIONS・佐野玲於 ヒロインの演技に「まんまと転がされた」

3/30(土) 14:11配信

TOKYO FM+

鈴木おさむと小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「AWESOME RADIO SHOW.」。3月29日(金)の最終回は、GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太さん、佐野玲於さん、関口メンディーさんが登場しました。

【写真を見る】パーソナリティの鈴木おさむと小森隼

鈴木:久しぶりにGENERATIONSのみんなと新年会を開きましたけど、放送で話せない内容ばかりでしたね(笑)。びっくりしたのは(佐野)玲於くんが日本酒を飲むようになっていたこと。

佐野:最近ハマっていまして。体に合っているのか、すごく落ち着くんですよ。それで飲み過ぎてしまう。

鈴木:(片寄)涼太くんは、出演したドラマ「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」(日本テレビ系)が大きな話題を呼びました。どうでした?

片寄:緊張感のある現場でした。菅田将暉くんが演技で引っ張ってくれました。現場に入るとスイッチが入る印象です。

鈴木:すごいドラマだったよね。放送中は(GENERATIONSの)メンバーが観ていたとか。そういえば、上海でファンミーティングをしたんだって?

片寄:はい。今回は自分でいろいろと企画をして、内容にこだわりました。楽しかったですね。

鈴木:(関口)メンディーはファンミーティングとかはどこでやるの?

関口:僕は自宅です。Instagramのライブ配信で。涼太くんのドラマが始まる前も「3A待ち」って配信をしていました。

片寄:これが冗談抜きでつまらない。自宅なのでナチュラルに毒も吐くし。

鈴木:ああいうの向いてないよ。メンディーって実は根暗じゃない? 強い言葉が出ちゃうんだよね。

関口:なるべく明るくしようと心がけてはいるんですけどね(苦笑)。

鈴木:3人が出演している映画「PRINCE OF LEGEND」はすごいね。王子役だけでも14人なんだよね。片寄くん、ああいう役って照れない?

片寄:あんまり照れないですね。

佐野:俺はめちゃくちゃ照れました。悔しかったのがヒロイン役の白石聖さんが淡々と演じるところ。まんまと手のひらで転がされた気分です。

鈴木:あの子すごいよね。現場の雰囲気はどうでした?

佐野:劇団EXILEやTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEのメンバーもいたので、和気あいあいでした。

鈴木:川村壱馬くんがおいしい役だったんだよね。鈴木伸之くん演じる「ヤンキー王子」の弟役。

関口:僕もあそこ狙っていたんですけどね。

鈴木:無理でしょ。お父さんに見えちゃう。そういえばメンディー、この間、始球式していたね(3月18日 東京ドーム「読売巨人軍×シアトル・マリナーズ戦」)。何km/h出たの?

関口:127km/hです(※前回は133km/h)。言い訳させてもらうと、本番のボールが練習のときと違ったんですよね。滑るんです。

鈴木:じゃあさ、メンディーが監督だったとして、投手が同じ言い訳したらどう思う?

関口:「ざけんなよ」って思います。

鈴木:だって、メンディーは芸能人じゃなくて投手として投げているわけじゃない。

関口:……え、そうなんですか?

鈴木:(EXILEのリーダー)HIROさんだって、そういう思いで送り出している。140km/hを狙っているから、こんな結果になるんだ。150km/h出すつもりで投げないと140km/hは出ないよ。目標が低いよ。

佐野:マジのダメ出しだ(笑)。

鈴木:芸能人始球式があったイチローの試合って、あれが最後でしょ。

関口:そうですね。そう考えると140km/h投げたかったですね。

(TOKYO FMの番組「AWESOME RADIO SHOW.」2019年3月29日放送より)

最終更新:3/30(土) 14:11
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事