ここから本文です

サカナクション山口一郎 ソフトバンク新CM楽曲は「歌詞を150パターン書いた」

3/30(土) 20:01配信

TOKYO FM+

サカナクションの山口一郎がTOKYO FMのレギュラー番組に出演。ソフトバンクの新CMに出演、提供楽曲を書き下ろししたことを伝え、その内容を説明しました。
(TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! サカナLOCKS!」3月28日(木)放送分)

山口:カロリーメイトのCMに出演したのに引き続き、SoftBank TVCMにサカナクションの「忘れられないの」が使われていて僕も出演しています。急遽“CMミュージシャン化”していますが(笑)。SoftBank music projectのテレビCM 「速度制限マン」篇というタイトルで、広瀬すずさんと吉沢亮さんが出演しています。双方に僕はお会いしましたよ。あと、お父さん犬にも会いました。「よーしよしよし……!」ってやってきましたけど(笑)。

どんなストーリーになっているかというと……東京と小樽で遠距離恋愛中のカップルの2人。小樽は僕の地元ですね。小樽から上京して引っ越してきたばかりの部屋で、SNSにアップロードした自撮り動画を見ようとしたら、速度制限を擬人化した“速度制限マン”が画面を隠してなかなか動画が見られない。そこに、速度制限マン防御マンの私が防御して、無事動画が見られるようになる……というものです。携帯電話の速度制限を擬人化すると、こんな映像なんだろうな、という風になっています。

このCMは、制作段階からCMプランナーの澤本嘉光さんと、僕らのミュージックビデオをよく担当してくださっている田中裕介監督と3人で、どんな企画がいいのか話し合ったんです。普通CMのタイアップの曲をやるときって、こういったやりとりみたいなものはプランナーさんや監督さんと直接しないんですね。代理店を挟んだりメーカーの人を挟んだりして、ただ単に楽曲をぽっと提供するだけで終わることが多いんです。

ただ澤本さんは、かつて僕らの曲「ユリイカ」を提供した映画(「ジャッジ!」)の脚本を書かれていたり、プライベートでも親交がある方なんですね。田中監督は、いつもミュージックビデオを担当してくださっていますし、僕がやっている『NF』の創立メンバーでもある。なので、チームでやることができたのですごく内容にも深く入れたし、歌詞を作る際にも世界観に添えたのではないかなと。ナレーションがあまりないので、曲がよく聞こえるっていうのも、やっていて楽しかったなと思いました。

僕は、知り合いの方が制作していたり、自分のコンセプトに合ったCMとかじゃないと多分出演しないんですよ。でも、こういった形であればどんどんやっていきたいと思うし、音楽を作る上でのチームが普段どういう仕事をしているのかっていうことを知ってもらう良い機会かなと思っています。

“上京”がテーマのCMなので、そこにアプローチをして楽曲制作をして、フル尺で書き上げました。でもライブでやっていた歌詞とは結構変わっていて、また新規に書き直しています。恋愛の曲になっているのかなと。書き終えてみて、抽象的ではあるんですけどそういった要素もあるんじゃないかなと思います。で、CMのパターンだけで歌詞を150パターン書いて、115パターン目が選ばれました(笑)。フル尺を書き上げた段階で、178バージョンで完成しました。昨夜(笑)。是非、皆さんもSoftBankのCMもカロリーメイトのCMと合わせて、YouTubeなどで見られますので見てみてください。

最終更新:3/30(土) 20:01
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事