ここから本文です

東出昌大は“『あまちゃん』を捨てた男”? 朝ドラ出演の舞台裏&結婚式シーン秘話を告白

3/30(土) 15:50配信

クランクイン!

 俳優の東出昌大が、30日放送の『朝ドラ100作ファン感謝祭「思い出の名シーンランキング」』(NHK総合)に出演。自身が出演したドラマ『あまちゃん』や『ごちそうさん』の舞台裏について語った。

【写真】杏主演『ごちそうさん』クランアップ<フォトギャラリー>


 この番組は、4月1日から放送される『なつぞら』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)で通算100作目となるNHK連続テレビ小説の過去の名シーンを振り返るというもの。

 番組の冒頭では、第88作『あまちゃん』から、名シーンランキングの第3位にランクインしたアキ(のん)とユイ(橋本愛)の再会シーンをプレイバック。東京でアイドルになったアキが、三陸の海女カフェへ迎えに行くと、ユイは「醒めたの完全に…だってダサいじゃん…」と冷たく言い放つ。変わり果てた親友の姿にアキは「ダサいくらいなんだよ!ガマンしろよ!」と怒りをあらわにする。このシーンが放送されると、スタジオにいたMCの博多華丸が「もう泣きそうですよ」とコメントすると、ゲストの東出も「見入っちゃいますね」と感心した様子。

 スタジオで東出が『あまちゃん』に出演していたことが紹介されると、彼は「『あまちゃん』で役をいただいたんですけど『ごちそうさん』が決まっていたから、早々に(撮影現場の)大阪に連れて行かれて」と話すと、続けて「別の現場で(『あまちゃん』に出演していた)渡辺えりさんに久しぶりにお会いした時に、“『あまちゃん』を捨てた男よね”って言われて」と先輩俳優からの冗談を笑いながら告白した。

 さらにスタジオでは東出が出演した『ごちそうさん』の話題に。杏が演じるヒロイン・め以子と、東出扮する悠太郎の結婚式のシーンについて、当初はスケジュールの都合で、め以子の両親を演じる財前直見と原田泰造が出演できなかったとのこと。しかし「め以子を演じた杏さんが、東京のお父ちゃん・お母ちゃんにも来てほしいって撮影の時期をずらして、大阪に来ていただくという脚本に直って」と東出が撮影の裏側を明かした。

 また名シーンランキングの2位には『半分、青い。』の鈴愛(永野芽郁)と律(佐藤健)の毛布の中でのキスシーン、第1位は『ちりとてちん』で徒然亭草若(渡瀬恒彦)が高座に復帰するシーンがランクインした。

最終更新:3/30(土) 15:51
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事