ここから本文です

ほんこん、関西ローカル番組で意見が話題に。率直に語れる理由とは?

3/30(土) 21:00配信

Lmaga.jp

お笑いタレント・東野幸治がMCを務める関西ローカルの情報番組『教えて! ニュースライブ 正義のミカタ』(ABCテレビ)。番組中での歯に衣着せぬ発言がSNSで注目を集めるほんこんが3月30日、東野ともに記者会見を大阪市内でおこなった。

【写真】思わぬ姿で登場した、ほんこん

日本に留まらず世界的な情勢について、専門家が分かりやすく解説し、出演者らが議論する同番組。放送直後から、コメントがtwitterで取り上げられ、「ほんこん」がトレンドワードとして上昇するほど人気に。例えば、30日の放送では韓国の関係性について、「向こうが変わらへんねやったら、日本人が変わらないといけない」と語ったり、野党について苦言したり、視聴者から賛否含めて話題となっている。

率直に意見を語れる環境について、「ほかの番組では、あんまり言わない。なぜ、唯一この番組で言えるかというと、専門家の先生たちがいてくれるから。修正してくれる安心感もあって、ほんまにギリギリのところで語っている。最近は、タレントが物申すのがおかしいという論調があるが、タレントの前に日本国民じゃないですか。言う権利がある」と、熱弁した。

また、話す内容に責任を持てるように、「偏よるのでもなく、ネットで調べているだけでなく、いろんな人に話を聞いて、議論したり。僕は差別主義者ではなく、人間もみな平等やと思っている。善人にも悪人にも照らす、僕は太陽」と、さまざまな視点からニュースを調べたからこその発言だと語った。

東野は「テレビ番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』をやっていたときから、今と同じようなことをミニコラムで書いていました。日本のことを真剣に考えている、そこは昔から、ぶれていない。スタッフもほんこんさんが大好きなんですよ。ただ、これ以上、人気ものになると偉そうになる気配があるんで。万が一、そんな状況になったら、下半身脱がしたり・・・」と言うと、「それ一番喜ぶの僕やで」と、お笑い芸人らしい掛け合いも披露した。同番組は毎週土曜、朝9時半~11時に放送。

最終更新:3/30(土) 22:39
Lmaga.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事