ここから本文です

山学大サッカー部監督の塚田雄二氏が中国プロリーグ2部へ…後任に専大コーチの岩渕弘幹氏

4/1(月) 5:43配信

スポーツ報知

 山梨学院大サッカー部で2009年から監督を務めた元ヴァンフォーレ総監督の塚田雄二氏(61)が、中国プロリーグ2部の北京北体大足球倶楽部の育成総監督兼テクニカルアドバイザーに就任することが31日までに明らかになった。後任には元川崎育成普及担当で前専大コーチの岩渕弘幹(ひろもと、52)氏が就任する。

 岩手県出身の岩渕氏は遠野高からJ1川崎の前身である富士通サッカー部に入団。95年に引退し、同部コーチ、川崎コーチ、同ユース監督を歴任。すでに山梨学院大での指導を開始している。また、鹿島と柏でプレーし、昨季まで城西国際大コーチを務めた大場健史氏(51)が新たにコーチとなる。

 昨季は同部史上初めて関東大学サッカー大会昇格決定戦に進出したが、日大に延長後半ロスタイムに追いつかれて突入したPK戦で敗れ、関東リーグ2部入りを逃した。新指導体制で再び関東リーグ入りへ挑む。

最終更新:4/17(水) 11:10
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ