ここから本文です

元ビッグバンV.Iの性接待疑惑 関与裏付ける証言確保=韓国当局

4/1(月) 15:24配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国人気グループBIGBANG(ビッグバン)の元メンバー、V.I(ヴィアイ、本名イ・スンヒョン)さん(28)が海外投資家に売春をあっせんした疑いで立件された問題で、警察が関係者から関与を裏付ける供述を確保した。ソウル地方警察庁関係者が1日、明らかにした。

 女性4~5人を含む関係者に対し、2週間にわたり調べを行った結果、性的接待に関与した状況に関する供述を得たという。

 同関係者は「性的接待に関与した疑惑を一部事実と確認したと考えればいい」とし、捜査手法上、立件者数については明らかにできないと伝えた。

 ただ同関係者は接待の対象が外国人だったのか、女性が性的接待をして対価を得たのかについては、「確認中」とした。

 性接待疑惑の発端は、2015年末に投資会社の設立を準備中だったV.Iさんと同社の代表、従業員がコミュニケーションアプリ「カカオトーク」で交わした内容をインターネットメディアが報じたことだった。グループトークでV.Iさんは外国人投資家をもてなす場をソウル市内のクラブに設けるよう指示した。ネットメディアはこれを投資家への性的接待と指摘した。

 警察は2015年にV.Iさんが日本人事業家を相手に売春をあっせんしたとする疑惑も把握している。

 一方警察は、5人組バンドFTISLAND(エフティーアイランド)から脱退し、芸能界からも引退したチェ・ジョンフンさん(29)についても、違法動画の撮影・流布など5件について確認したと明らかにした。

最終更新:4/1(月) 15:24
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事