ここから本文です

3メガ銀新卒採用3割減 20年度リーマン後最少更新

4/1(月) 18:07配信

共同通信

 3メガバンクの2020年度の新卒採用が計約1700人になり、今年4月の入行者数に比べて約27%減と3割近く減る計画となったことが1日、分かった。採用数は4年連続で減少し、19年度に続いてリーマン・ショック後最少を更新する見通しだ。このうち三菱UFJ銀行は約45%減る。超低金利の継続で厳しい事業環境が続いていることが背景にあり、店舗の統廃合やIT導入による業務効率化を進め、採用も一段と絞る。

 三菱UFJ銀は20年度の新卒採用数を530人とする計画だ。旧東京三菱銀行と旧UFJ銀行が合併して誕生した06年以降で最も少ない。

最終更新:4/1(月) 20:26
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事