ここから本文です

再び「国際リーグ」の可能性について。スーパーラグビーからの除外が決まったサンウルブズ

4/1(月) 20:55配信

J SPORTS

ラグビーのサンウルブズがオーストラリアのワラターズに31対29で競り勝った。オーストラリアのチーム相手のアウェーでの勝利は初めてだそうだ。

これで今シーズンのサンウルブズの成績は2勝5敗。もちろん、負け越しはしているが、今シーズンは敗れた試合でも接戦を演じている試合が多い。僕も、3月16日には秩父宮ラグビー場でのレッズ戦を観戦に行ったのだが、最終的に逆転負けを喫したものの互いにオープンで攻撃的な面白い試合だった。

昔のラグビーはボールがスクラムの中に入ってなかなか出て来ないとか、タッチキックの蹴り合いが続くといった退屈な時間があったが、最近はボールが早いタイミングでピッチ上を行きかい、スピーディーな展開で観客を楽しませてくれる。ラグビーもプロ化したことでお客さんを楽しませるように努力しているのだろう。とくに、オーストラリアでは展開の速い13人制のラグビー・リーグの人気が高いので、15人制のユニオン・ラグビーもリーグに対抗して速い展開の面白いラグビーを志向しているのだろう。

そんな、南半球式のラグビーに日常的に接することができるのも、サンウルブズがスーパーラグビーに参加してくれたおかげである。

しかし、そのサンウルブズが2020年のシーズンを最後にスーパーラグビーから除外されることが決まってしまった。

先日も、このコラムで「国際リーグ」として注目していたアイスホッケーのアジアリーグが今シーズン限りで消滅してしまうのではないかという話題を取り上げたが、スーパーラグビーからもサンウルブズが締め出されてしまうことが決まってしまった。こちらも残念なことである。

サンウルブズの参戦は、もちろん今年のワールドカップに向けての日本代表強化策の一つだったのだろうが、単にチーム強化ということだけでなく、世界のラグビー文化に直接触れる機会がなくなってしまうのはとても残念なことだ。たとえば、あのスピーディーな南半球式のラグビーを身近に見られなくなってしまう。

1/3ページ

最終更新:4/1(月) 21:24
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事