ここから本文です

新元号は「令和(れいわ)」。出典は万葉集の「梅花の歌三十二首」

4/1(月) 12:15配信

ハフポスト日本版

新しい元号が「令和(れいわ)」に決まった。菅義偉官房長官が4月1日、記者会見で発表した。

菅氏によると、新元号の出典は、日本最古の歌集「万葉集」の「梅花(うめのはな)の歌三十二首」。日本の古典に由来する元号は初めて。

新元号選定にあたり、以下の序文から引用したという。

「初春の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を薫す」

安倍晋三首相は談話で、「令和」という元号に込めた意味について、「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」と述べた。

『万葉集』を典拠にした理由について、「1200年余り前に編纂された日本最古の歌集であるとともに、天皇や皇族、貴族だけでなく、防人や農民まで、幅広い階層の人々が詠んだ歌が収められ、我が国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書であります」と説明。

「悠久の歴史と四季折々の美しい自然。こうした日本の国柄をしっかりと次の時代に引き継いでいく」と語った。

4月30日で平成が終わり、5月1日から「令和」へ

新しい元号は、4月30日の天皇陛下が退位に伴い、新天皇が即位する5月1日午前0時に施行される。

1989年1月8日に始まった平成は、2019年4月30日をもって、30年113日の歴史に幕を閉じることになる。

安倍晋三首相が正午ごろに記者会見を開き、首相談話を読み上げ、新しい元号に込めた意義などについて説明する。

ハフポスト日本版編集部

最終更新:4/1(月) 13:39
ハフポスト日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事