ここから本文です

脂質異常症薬、ネット販売解禁 生活習慣病で初

4/2(火) 20:05配信

共同通信

 厚生労働省の有識者調査会は2日、生活習慣病の一つ「脂質異常症」の治療薬としてドラッグストアなどで販売されている「エパデールT」を、インターネットを通じて販売することを認めた。

 エパデールはかつて医師の処方が必要な処方薬だった。生活習慣病の処方薬だった薬で、同調査会がネット販売を認めたのは初めてという。15日から販売が可能になる。

 一方、日本医師会(日医)は「ネット販売が始まれば、服用が適切かどうかの確認が不十分になる」などと反対している。

 この薬は、魚の油に含まれる「イコサペント酸(EPA)」が主成分。

最終更新:4/2(火) 21:45
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ