ここから本文です

元『テラハ』アイドルが語る整形依存の過去、「美人であるだけでどれほど幸せか」

4/2(火) 8:40配信

オリコン

 『テラスハウス』(2012年/フジテレビ系)に初期メンバー・竹内桃子として出演し、赤裸々な整形告白が当時大きな話題となったちゃんもも◎。現在は、バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHIのメンバーとしてアイドル活動をするほか、作家、ランジェリープロデュースなど多岐にわたり活躍している。今や整形を告白するタレントやSNSアカウントも増え、多くの女性の共感を得ている時代。いち早く整形を公表してアイドル活動を開始した彼女に、整形を告白した当時の想いや、両親との別れ、整形依存を経て今に至るまでの壮絶な人生をインタビュー。整形をする意味と、その先にある幸せとは?

【写真】激変…!? ちゃんもも◎変化の過程、整形「前」「中」「後」

■母も整形経験者、「将来、自分でお金を貯めて整形したらいいよ」と言ってくれた

――整形をしたいと思うようになったのは、いつ頃どのようなきっかけでしたか?

【ちゃんもも◎】小学生のときに、オシャレやメイクが好きでファッション雑誌を買うようになったんです。でもモデルさんがみんな二重で、一重の私が同じメイクをしようと思っても、全然同じようにできなくて。そのとき自分が一重であることにコンプレックスを抱いたのが最初です。母に相談したら、アイプチやアイテープをたくさん買ってきてくれて、「将来、自分でお金を貯めて整形したらいいよ」と言ってくれたんです。それで、「いつか絶対にやろう」と心に決めました。

――お母さんが後押ししてくれたんですね。

【ちゃんもも◎】はい。実は母も元々一重で整形をしていたんです。相談するまで私も知らなかったんですけど、「お父さんには言わないでね」って教えてくれました(笑)。私がいつも見た目で悩んで泣いていたので、もしかしたら罪悪感もあったのかも。親からしたら、自分から引き継がれたDNAが原因だという気持ちだったのかもしれません。

――では実際に、初めて整形をしたのはいつですか?

【ちゃんもも◎】アルバイトでお金を貯めて、19歳の時に二重にする手術をしたのが最初です。怖さもあったけど、そのままの自分でいるほうが怖かったから。手術後、二重になった自分を見て泣きそうになるぐらい嬉しかったことを、今でも鮮明に覚えています。施術をした帰り道は、ただごはんを食べに行くだけでも楽しかったです。それまでは、「目つきが悪いって思われるだろうな」って悩んでいたから、人と目を合わせて話すこともできなくて。でも二重になったことで、自分に対して恥ずかしくないって思いながら人と話したり、目を合わせたりできるようになりました。人生が変わったし、あのときから初めて本当の自分で生きられるようになったと思います。

■両親との死別で変化した人生観 『テラスハウス』出演で“整形告白”へ

――ところが同じ19歳の年に、ご両親を相次いで亡くされたそうですね。計り知れないほど大きなことだったと思います。

【ちゃんもも◎】そうですね、当時は喪失感でいっぱいでした。心配かけっぱなしの状態で、恩返しも全然できないままだったから後悔もしました。最初の1年は、「この世に神なんかいない」って完全にひねくれて、酒とゲームに溺れる日々。今思うとホントに、ダメな生活をしてました。

――そこから立ち直れたのはどうしてでしょう。

【ちゃんもも◎】周りの人に恵まれていたんです。当時一緒にシェアハウスをしていた仲間が、「このままじゃ人生やばいし、周りから誰もいなくなるぞ」って怒ってくれて。そのおかげで変われたので、仲間にはすごく感謝しています。それと同時に、毎日をどう生きるか考えるようになりました。癌家系だと思うので、もし私も両親と同じくらいの年齢で死んでしまうとしたら、もう人生2分の1まできちゃってるなと。そう考えると、いろんなことを怖がるより、いかに1日1日を大切に生きるかを考えるようになりました。

――その後は『テラスハウス』(2012年)に出演。番組内で整形を公表されたんですよね。

【ちゃんもも◎】はい。番組に出ている間も、理想の顔になるための準備は進めていて。鼻にヒアルロン酸注射をうちに行こうと思ってたんです。だけど、言わないでやったらみんなビックリすると思ったので、テラスハウスの食卓で「なんかおもしろい話ないの?」って話題になった時に、「明日整形してくる」って話しました(笑)。

1/3ページ

最終更新:4/4(木) 3:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事