ここから本文です

いとうあさこ、『タッチ』浅倉南ネタの縁でアニメ『MIX』出演 初レギュラーでJK、おばちゃん役など毎話登場

4/2(火) 5:00配信

オリコン

 お笑い芸人のいとうあさこ(48)が、6日から読売テレビ・日本テレビ系で放送されるアニメ『MIX』に毎話何かのキャラクターになって登場することが2日、わかった。あだち充氏の人気漫画『タッチ』のヒロイン・浅倉南のネタでブレークした彼女が、同じあだち作品の今作で、テレビアニメにレギュラー初出演する。

【画像】JK姿で自転車に乗って登場するいとうあさこ

 同作は、『ゲッサン』(小学館)で連載中のあだち氏の最新作が原作で、『タッチ』の約30年後の明青高校を舞台に、運命の兄弟が甲子園を目指す青春スポーツラブコメディー。第1話は『タッチ』の原作でも描かれなかった甲子園決勝シーンから始まり、投球する上杉達也が描かれ、『タッチ』に関わるキャラクターや場所が登場する。血のつながらない兄弟、妹、幼なじみ、そして甲子園と、あだち氏の集大成として描かれている。

 いとうがブレークしたきっかけは『タッチ』ヒロインの浅倉南のネタ。今回のアニメ出演は、その縁から『タッチ』の世界とリンクした『MIX』に登場する形でバックアップすることに。主人公の横を自転車で横切る女子高生、たい焼き屋のおばちゃん、主人公に恋する乙女など、さまざまなキャラクターになって毎回一瞬だけ作品に登場する。

 今回の出演に「未だに信じられません」と驚きながら「浅倉南ちゃんのネタをやっていた時、あだち先生と接触することはもちろんないですけど、お断りを入れたわけでもなく、日本中の南ちゃんファンから苦情が来ました(笑)」と回顧。

 自身の代表ネタ“浅倉南”については「世に出ると思っていなかったです。毎月作るネタの1つだったので、実際あのネタはネタ見せで落ちていたんです。全然受からなくて…。『イライラするって言葉はな…』って言われていたんですけど、ある日、イベントでやったらバカ受けしてディレクターさんが『ごめん、ウケるんだね。テレビ出るか?』って…」と裏話を告白。

 「それから出だしたころに日高のり子さんとお仕事して『南、イライラする』って言っていただけたんですよ。すごくないですか? でも『浅倉南40歳だけは言えない』って(笑)。やっぱり南ちゃんというすてきな偶像があるから。『でも、南ちゃんだってイライラするさ』ってことで言っていただけて…。もう、一生忘れられないです」とあだち氏と日高に感謝の気持ちを述べた。

 アニメは4月6日から読売テレビ・日本テレビ系で毎週土曜午後5時30分より放送。立花投馬役を梶裕貴、立花走一郎役を内田雄馬、立花音美を内田真礼、大山春夏役を花澤香菜が担当するほか、『タッチ』のヒロイン・浅倉南役でおなじみの日高のり子も出演する。

最終更新:4/6(土) 8:26
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事