ここから本文です

【動画解説】強い寒気の影響 3日(水)もつづく  日本海側 大雪に注意

4/2(火) 14:17配信

ウェザーマップ

 日本付近には強い寒気が流れ込み、日本海側では平地でも積雪するなど、冬のような天気と気温になっています。この影響はあす(水)にかけて続きそうです。

 東北の福島でもまもなく桜の開花発表があると思われ、桜前線は北上しています。一方、日本付近に南下してきているのが上空の強い寒気です。
この影響で、けさは冷え込みが強まり、5℃を下回った所が多くなりました。
この冬のような空気で空は澄んでいてサクラは青空に映えています。写真を撮るにはキレイな青空となっていますが、この冷え込みはあす3日(水)も続き、3日(水)の気温は2日とほとんど変わりません。
ただ、関東から西では4日(木)には最高気温は15℃前後。5日(金)には20℃前後と、日に日に春の温かさが戻りそうです。

 金沢や富山では4月には珍しく1センチ以上の積雪となりましたが、日本海側では雪が続きます。あす3日(水)の午後には弱まってくるものの、内陸を中心に大雪となりそうです。車の運転などはお気をつけ下さい。太平洋側では晴れますが、きょう(火)も関東から紀伊半島付近にかけては一部でにわか雨や、山地では一時的な雪の降る所がありそうです。(気象予報士・手塚悠介)

最終更新:4/2(火) 14:17
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事