ここから本文です

国内最高齢ラッコが誕生日 のとじま水族館

4/2(火) 1:55配信

北國新聞社

 七尾市ののとじま臨海公園水族館で飼育されている国内最高齢の雌ラッコ「ラスカ」の誕生日を祝うイベントが1日、同館で始まった。ラスカの好物ホタテを描いたメッセージカードが用意され、来館者は「長生きしてね」「大好きだよ」と書き込んだ。

 ラスカの正確な誕生日は分かっていないが、推定24歳とされる。1995(平成7)年にアラスカで捕獲され、99年4月に同館に移された。水族館は4月を誕生月としている。

 ラスカは人間の年齢だと90歳に相当する。健康状態は良好だという。家族と来館した堀美月さん(6)=富山市=はカードにラスカの絵を描いた後、「初めてラッコを見た。とてもかわいい」と笑顔で話した。

北國新聞社

最終更新:4/2(火) 1:55
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事