ここから本文です

カーリング、日本代表6勝1敗 男子世界選手権

4/3(水) 8:46配信

共同通信

 【レスブリッジ(カナダ)】カーリングの男子世界選手権は2日、カナダのレスブリッジで1次リーグが行われ、日本代表のコンサドーレは延長にもつれた韓国戦を8―7で制し、ドイツには6―4で勝って6勝1敗とした。

 韓国戦で日本は4―6で迎えた不利な先攻の第8エンドに1点、第9エンドに2点を奪い逆転。第10エンドに追いつかれたが延長の第11エンドに1得点し、競り勝った。ドイツ戦は有利な後攻のエンドで3度複数得点を挙げるなど、終始主導権を握って押し切った。

最終更新:4/3(水) 13:22
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事