ここから本文です

亀梨和也、現場に“桜の木”差し入れ 二階堂ふみも感心「粋な計らい」

4/3(水) 12:31配信

オリコン

 女優の二階堂ふみ、KAT-TUNの亀梨和也が3日、都内で行われた11日スタートのフジテレビ系木曜劇場『ストロベリーナイト・サーガ』(※初回2時間SP)完成披露試写会に出席した。撮影現場には亀梨が“桜の木”を差し入れたそうで「スタジオで撮影していますと朝から晩まで会議のシーンが多かったりするので、ふとね。スタジオだと外に行くのが大変なので、何かみなさんの気分が和らげば」と笑顔をみせた。

【個別ショット】スーツ姿で登場した亀梨和也、二階堂ふみら

 その大きさについて亀梨は「8メーター弱くらい…」と冗談めかすと、ジャニーズWESTの重岡大毅は「でかすぎでしょ!」とツッコミ。お花見気分を味わうなか、共演の宍戸開は「俺、メイク室に入った時に、『誰だ!折って持ってきたの!』って言っちゃったの」と勘違いしてしまったそうで、亀梨は「ちゃんと買いました」と苦笑。これには二階堂も「粋な計らいだなと思って」と感心しきりだった。
 
 二階堂と亀梨のW主演で送る同作は、誉田哲也氏による人気小説を実写化。ノンキャリアながら27歳の若さで警部補に昇任した刑事・姫川玲子と、生真面目で寡黙な一方熱い男気を内に秘めた姫川の年上の部下・菊田和男ら姫川班のメンバーが数々の難事件に立ち向かう本格刑事ミステリー。

 この日は石倉保役の宍戸、湯田康平役の中林大樹、大塚真二役の重岡ら“姫川班”の面々が登場。撮影スタートから1ヶ月がたったそうで、亀梨いわく「ときにはにぎやかに、ときには締まって素敵な時間を過ごさせて頂いています」という言葉通り和気あいあいとした雰囲気。

 なかでも、ムードメーカーを担っているのが重岡だそうで、中林は「滑ってるのをみたことをみたことがない」とうなると、初共演となる先輩・亀梨も「1ヶ月以上経つんですけど未だすべり知らず」とニヤリ。重岡が「コワ~~! なにこれ~。(現場でも)いじられてるんですよ」とタジタジになりながらもどこかうれしそうな様子。亀梨から「重岡くんと過ごすと自然と腹筋が割れている。“重岡パッド”」とイジられまくりの重岡だったが「俺、愛されてるでしょ。姫川班、すきなんですよ~」と客席に向け、自慢げだった。

 また、二階堂は亀梨の印象について「気さくな方なんだなというのはバラエティーでお会いした時に思ってたんですけど。思った以上に、ふざけてくれたりお茶目な部分があるんだなと現場で垣間見えることができて知っていけている感じはがうれしい」と意外な一面を告白。その一方で中林が「決める所決めるしね~」と絶賛すると亀梨はノリノリで決めポーズ。重岡は「“KAT-TUN”のところ出てるなぁ!カッコいい!」と持ち上げて笑いを誘うなどその場を盛り上げていた。

最終更新:4/10(水) 8:55
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事