ここから本文です

新潟や福島、長野の山沿いで積雪急増 雪崩や落雪に注意

4/3(水) 11:14配信

ウェザーニュース

 今日3日(水)は冬型の気圧配置が続き、東北や北陸の内陸、山沿いを中心に雪が降っています。

 雪の降り方のピークは越えたものの、積雪はここ数日で急増しました。

 群馬県にあるアメダスの藤原では、2日(火)1時の段階で37cmだった積雪深が、3日(水)9時には98cmまで61cmも増加しました。

 そのほか、新潟県や福島県、長野県北部の山沿いを中心に30~50cmの新しい雪が積もっています。

 <各地の積雪の増加(降り出す前→最深積雪)>
 藤原(群馬) 37cm→98cm
 只見(福島) 0cm→45cm
 津南(新潟) 79cm→116cm
 小谷(長野) 0cm→29cm

午後も雪が続き、さらに10cm積雪増も

 午後にかけて雪の降りやすい状況が続き、さらに10cm程度新しく雪の積もるところがありそうです。

 積雪が急増したことで、山間部では雪崩、山沿いの市街地では落雪などのおそれがありますので、雪が落ち着いたあとも注意が必要です。

ウェザーニュース

最終更新:4/3(水) 11:17
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事