ここから本文です

宿泊税 福岡市と県の溝埋まらず/福岡県政点検

4/3(水) 10:01配信

西日本新聞

空港の有効活用策は?

Q 過密化の課題を抱え、4月に民営化する福岡空港の将来像をどう描き、路線拡大が進む北九州空港の有効利用をどう進めますか。

A 篠田清氏:福岡空港の滑走路増設工事が進んでいるが、完成すれば福岡空港の発着の増加が見込まれている。都心部にある同空港の安全面が危惧される。近隣空港(北九州空港、佐賀空港)との連携と役割分担が何より必要です。

A 武内和久氏:利便性が高く高機能化される福岡空港は、国内外の交流首都である福岡の重要なインフラである。北九州空港と、人の流れと物流を住み分け、両空港間のアクセス整備など両政令市長と連携して利用促進を図る。

A 小川洋氏:福岡空港は九州、西日本の拠点空港。福岡国際空港株式会社の出資者として、アジアの拠点空港化に取り組む。北九州空港は、国際線定期便の路線拡大、貨物拠点化、福岡空港との連携強化、滑走路の延伸に取り組む。

※この記事は西日本新聞とYahoo!ニュースによる連携企画記事です。4月7日投開票の福岡県知事選について全5回の連載で伝えます。

西日本新聞社

3/3ページ

最終更新:4/3(水) 11:41
西日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事