ここから本文です

“インスタ映え”する飲食店を検索・閲覧できるアプリ「Tastime」を制作、TripBoxが破産

4/3(水) 11:10配信

帝国データバンク

10万人がダウンロード、掲載店舗数は1万5000店を突破していた

 (株)TripBox(TDB企業コード:064017939、資本金2975万円、東京都目黒区目黒2-9-6、登記面=東京都港区麻布台1-4-3、代表根本淳成氏)は、3月27日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

 破産管財人は佐藤良弁護士(東京都新宿区西新宿6-12-6、小林・福井法律事務所、電話03-3343-6088)。債権届出期間は4月24日まで。

 当社は2016年(平成28年)4月に設立。インスタグラムで人気の飲食店の情報を検索・閲覧できるアプリ『Tastime』(テイスタイム)を2017年3月にリリース。同アプリでは投稿数が多い順や投稿数急上昇の店舗、新規店舗などを紹介し、インスタ映えする店舗検索アプリとして、これまでのダウンロード数は約10万人、掲載店舗数は1万5000店を超えたとされていた。

 しかし、『Tastime』は無料アプリで安定した収益がなかったほか、別途手がけていたスイーツフェスなどのイベント開催に伴う借入金の負担から資金繰りが悪化。ここにきて事業継続を断念した。

 負債は債権者約25名に対し約3750万円。

最終更新:4/3(水) 11:54
帝国データバンク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事