ここから本文です

「介護用オムツ」を少しでも節約する方法 排泄状況を把握してそれに合わせたパッドを選ぼう

4/3(水) 17:05配信

マネーの達人

在宅介護ではオムツ代が高くなる

在宅介護をしたことが感じるひとつに、オムツ代が高い事があると思います。

在宅介護で使用するとなると、ドラッグストアなので購入するのが一般的であり、チラシに掲載されてときなどに、まとめ買いをする人もいると思います。

要介護4や5ともなれば常時オムツを着用していることになるので、月1万円以上になるのではないでしょうか?

今回は、少しでもおむつ代を安くする方法を介護現場の経験者の私がお伝えします。

今のオムツやパットは基本的にかなり質が高い

最初に抑えておきたいことがあります。

それは、現在販売されている介護用オムツはどこのメーカーもかなり質が高いです。

10年前とは比べ物にならないぐらいその差を感じることができます。

では、質が高いオムツとはなんでしょうか?

・尿モレがないオムツやパッド
・薄くて違和感がないオムツやパッド

・尿の吸収量が多いオムツやパッド

・肌トラブルが少ないパッド

・締め付け感がないオムツ

このようなことを連想すると思います。

今のパットは全てクリアしています。

超高齢社会である我が国では、高齢者のオムツ着用率は年々増加しており、各メーカーの競争は激化しています。

私の施設にも毎月のように試供品を持って営業に来ている姿を見かけます。

しかし、正直どこも同じような商品ばかりです。

質の高いオムツやパットは使用する人(介護する人)次第だと思っています。

排泄状況の把握は超重要

介護施設の場合、利用者一人ひとりの排泄状況を把握して、それに合わせたパッドやオムツを使用します。

そうすることにより、無駄なオムツ交換を省く事ができて、おむつ代を節約できます。

在宅介護の場合なら、自分の親、兄弟(姉妹)を介護することが多いと思います。

なので、大人数を同時に介護することにはならないので、排泄状況を把握することはそんなに難しいことではないと思います。

■排泄状況とは…
・一回で出る排尿の量
・一回で出る排便の量
・排便の形状
・排尿の多い時間帯(夜が多い)
・オムツを触るタイミング
・下剤に対してどのタイミングで出るか

このようなものを全て含んで私達は排泄状況と言っています。

この排泄状況を把握することによって、少しでもオムツ代を節約することができるのです。

1/2ページ

最終更新:4/3(水) 17:05
マネーの達人

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事