ここから本文です

<センバツ>「令和元年も」東邦が優勝報告会 生徒や教職員ら拍手

4/4(木) 20:09配信

センバツLIVE!

 3日決勝の第91回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)で、単独最多となる5回目の優勝を果たした東邦の選手たちが4日、名古屋市名東区の学校に凱旋(がいせん)して全国制覇を報告した。東邦は平成最初の「甲子園」だった1989年センバツで優勝しており、平成最後の「甲子園」でも優勝した。

【春の浜風に乗って】今大会の全ホームランを一挙紹介

 紫紺の優勝旗を手にした石川昂弥(たかや)主将を先頭に選手たちが学校に到着すると、生徒や教職員らが大きな拍手で出迎えた。優勝報告会では石川主将が「皆の応援の力のおかげ。春夏連覇を目標に頑張りたい」と力強く述べた。森田泰弘監督も「この優勝におごらず、令和元年の優勝に向け明日から練習したい」と語った。

 報告会後、4日が誕生日で60歳になった森田監督は「今朝は人生で一番すがすがしい幸せな朝だった」と話した。一方、全国の高校から追われる立場になることについて「今の状態では夏は勝てない。練習も少し変えて戦力アップを図りたい」と気を引き締めた。石川主将も「明日から切り替えて一からチームを作り直したい」と意気込んでいた。【川瀬慎一朗】

最終更新:4/4(木) 21:18
センバツLIVE!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ