ここから本文です

天海祐希は“女親分”「緊急取調室」小日向文世が称賛

4/4(木) 15:41配信

シネマトゥデイ

 女優の天海祐希が4日、都内で行われた主演ドラマ「緊急取調室」(第3シーズン、4月11日21時スタート、毎週木曜・テレビ朝日系)の試写会・制作発表記者会見に、共演者の田中哲司、速水もこみち、鈴木浩介、大倉孝二、塚地武雅、でんでん、小日向文世と出席。紅一点ながらリーダーシップを発揮して“キントリ”チームをまとめる天海は、小日向から「女親分」と称えられた。

2年ぶりの新シーズン!「緊急取調室」予告動画

 本作は、取調官・真壁有希子(天海)が、可視化設備の整った特別取調室で取り調べを行う専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーと共に、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を展開する人気ドラマシリーズ第3弾。

 天海は「(前作から)2年ぶりという感じがしなかったです。長~い撮休があった感じ」と語ると、速水も「ファミリーに戻って来れたような気持ち」と心境を明かす。田中も「結婚式に親戚が集まってドンチャンやっている感じ」とキャスト陣の仲の良さをうかがわせた。プライベートでも、天海の声掛けによってキントリメンバーの食事会が開かれるそうだ。

 リーダーシップを発揮する天海について、小日向は「このチームは天海さんが引っ張ることでチームワークの良さが保たれていると思います。男たちが女親分について行っている感じ。本当にカッコいいんですよ」と称賛。しかし天海は「器の大きい方たちが『こいつ、好きにやらせとけ』とやっていただいている」と謙遜した。

 そんなキントリメンバーに新加入した塚地は、「みなさん個性が強いので、撮影に入る前は緊張しましたし、寡黙でクールなイメージも持っていたので、堅物たちの集まりで苦戦するのではないかという不安がありました」と告白。しかし、「みなさん、初日からざっくばらんにずっとしゃべっていた」そうで、「あっという間に馴染ませていただきました」と笑顔。そして、画像分析のエキスパートという役柄について「昔ながらの足で調べるデカの中に、現代風の画像と映像がすべてという今どきの若者を47歳のわたしが演じています」と説明して、会場の笑いを誘っていた。(取材:錦怜那)

最終更新:4/4(木) 16:00
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事