ここから本文です

PayPay、URLで残高を「送る」「受け取る」が可能に

4/4(木) 17:10配信

アスキー

PayPayはアプリを大幅リニューアル。PayPay残高をURLで送ったり受け取ったりできるようになった。

 PayPayは4月3日、PayPayアプリを大幅にリニューアル。URLで残高の「送る」と「受け取る」が可能となった。
 
 SNSなどで受取用URLを送ることで、電話番号やPayPay ID(新機能)を知らない相手にも送ることができる。受取用URLの有効期限は2週間。PayPayに登録されていない相手にも送ることができる(登録後に受け取る)ようになったほか、送る際には「パスコード」設定も可能となった。
 
 また、新たに「PayPay ID」が導入された。これまでは送り先のPayPayユーザーの検索に携帯電話番号を使用していたが、PayPay IDでも探すことができる(一度設定したPayPay IDは変更することはできず、各ユーザー固有のIDになる)。
 
 送ることできるのはPayPayライト(クレジットカードなどから入金した残高)のみとなる。PayPayボーナス(特典やキャンペーンなどの適用でPayPay残高に進呈された残高)は送付できない。
 
 
文● 行正和義 編集●ASCII

最終更新:4/22(月) 19:36
アスキー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事