ここから本文です

ドラえもん40周年記念、“昭和”の名曲が新時代によみがえる

4/4(木) 6:02配信

オリコン

 テレビ朝日系で放送中のアニメ『ドラえもん』(毎週金曜 後7:00)が、1979年4月2日のスタートから、この4月で放送40周年に突入。この大きな節目を記念して、放送開始当初からおなじみの楽曲「ドラえもんのうた」「ぼくドラえもん」の2曲が、「ドラえもんのうた」はスキマスイッチ・常田真太郎、「ぼくドラえもん」はha-jによる新たなアレンジでよみがえる。4月以降、番組のオープニングやエンディングでオンエアされる。

【写真】アレンジを担当した常田真太郎とha-j

 「♪こんなこといいな できたらいいな」のフレーズではじまる「ドラえもんのうた」(作詞:楠部工、補作詞:ばばすすむ、作曲:菊池俊輔)は、長年にわたって親しまれてきたオープニングソング。その名曲を、自らのユニット活動だけでなく、数々の楽曲提供やサウンドプロデュースなどを手掛けているスキマスイッチ・常田がアレンジ。ドラえもん役の水田わさびをはじめとするレギュラーキャストたちが、まるで“リレー”するように歌いつないでいく。

 「♪あたまテカテカ」の歌い出しでおなじみの「ぼくドラえもん」(作詞:藤子・F・不二雄、作曲:菊池俊輔)は、嵐や乃木坂46への楽曲提供で知られるヒットメーカー・ha-jがアレンジを担当。こちらは、ドラえもん役の水田が元気いっぱいに歌い上げる。

 2作とも懐かしさはそのままに、新しさを感じさせる、爽やかなアレンジで復活。誰もが知る『ドラえもん』ソングのアレンジに挑んだ2人は、「まさかテレビシリーズにも関わらせていただけるなんて想像していなかったのでビックリしたと同時にうれしい気持ちがこみ上げました。でもクリエイター泣かせの楽曲で、“感性の極み”ともいうべきチャレンジでした」(常田)と、うれしさとプレッシャーを抱きながら作品と向き合ったことを告白。

 「僕自身が育ててもらった『ドラえもん』をすべて詰め込んで、ギュッと凝縮しようと思ってアレンジに挑みました」(ha-j)と、リスペクトを込めてアレンジしたことを語っている。

 レコーディングの際に水田は「2曲ともとてもおしゃれなアレンジなのに、“ほんわか感”はしっかり伝わっていて、素晴らしいなと思いました」と新たに生まれ変わった名曲たちを絶賛。「まさに“とっても大好きドラえもん”という思いを込めて歌いました」と歌に託した思いを語っていた。

 さっそく、5日の放送では、オープニングに新生「ドラえもんのうた」が登場し、40周年の幕開けを飾る。歌のバックには、40年間のさまざまなシーンをつないだスペシャル映像が流れる。「ぼく、ドラえもん」の歌は5月に登場する予定だ。

1/2ページ

最終更新:4/4(木) 7:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事