ここから本文です

4月7日に大阪のこれからが決まる「大阪都構想」の歴史と未来

4/4(木) 14:00配信

選挙ドットコム

 4月7日に行われる大阪府知事選と大阪市長選。ともに「大阪維新の会」の松井一郎大阪府知事と吉村洋文大阪市長が辞任し、入れ替えで立候補する「ダブル・クロス選挙」となりました。対立候補は知事選が、橋下徹府政下で活躍した小西禎一元副知事、市長選が柳本顕元大阪市議会議員。小西氏と柳本氏は、自民党と公明党の正式な支援を受け、国民民主党、立憲民主党、共産党の自主的支援を受けています。つまり、お馴染みの「維新対他の全既成政党」の図式です。

大阪で何が起きているのか、歴史を紐解く

 2008年2月、自民党大阪府連の推薦と公明党本部の支持を受け知事となった橋下徹氏は、2010年1月にニ元行政の解消を目指して都構想を唱えました。そして、同年4月に地域政党「大阪維新の会」を設立。2011年4月、統一地方選に挑み府議会で単独過半数、大阪市議会と堺市議会でも第1党となりました。

大阪維新の会が第一党に

 同年5月の府議議会で議員定数を21名削減し88名にする条例を提案し可決、また都構想を本格化させるため「大阪府域における新たな大都市制度検討協議会」を設立する条例を成立させるなどしました。

「大阪維新の会」としても同年11月に「大阪都構想推進大綱」を作りました。これが同月に行われたダブル選挙で知事・市長の共通マニュフェストとして、橋下氏が都構想実現への一歩、と訴え、そして知事から市長に鞍替えした橋下氏、知事の後任として立った松井氏がともに当選しました。

 この勝利で、大阪府と大阪市は共同で都構想の設計図作りを行うことになりました。堺市の参加なしで「大阪にふさわしい大都市制度推進協議会」が2012年4月に立ち上がり、「大阪維新の会」の高い人気を背景に、同年8月には「大都市地域における特別区の設置に関する法律案」(以下「特別区設置法」)が国会で成立し「都構想」を実現する素地は整いました。そして2013年1月には4つの区割り案が完成、特別区設置法に基づいた大阪府・大阪市特別区設置協議会(以下「法定協議会」)が検討の場となりました。

1/2ページ

最終更新:4/4(木) 14:00
選挙ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事