ここから本文です

羽生善治九段が今年度初対局 強敵・菅井竜也七段と対局中/棋聖戦決勝トーナメント

4/4(木) 10:24配信

AbemaTIMES

 将棋の羽生善治九段(48)が4月4日、棋聖戦決勝トーナメント2回戦で菅井竜也七段(26)と現在対局中だ。両者とも今年度初の対局で、勝てばベスト4進出が決まる。

 昨年度の羽生九段は棋聖位、竜王位と相次いで失冠し、27年ぶりの無冠となるなど試練の1年だった。年度成績では52局で29勝23敗、勝率.558に終わり、続々と出てくる若手実力者との競り合いが続いている。それでも順位戦A級では、最終戦で広瀬章人竜王(32)を下し、豊島将之二冠(28)に次ぐ2位となるなど、まだまだトップクラスで戦い続ける力を維持している。

 この日の対戦相手である菅井七段には、王位のタイトルを奪われたこともあり、過去の対戦成績でも3勝6敗と苦戦している。通算16期の獲得歴がある棋聖位で、タイトル通算100期の大記録を樹立するためには、若き強敵を打ち破る必要がある。

 対局の持ち時間は各4時間で、先手は菅井七段。勝者は準決勝で渡辺明二冠(34)と稲葉陽八段(30)の勝者と対戦する。

最終更新:4/4(木) 12:50
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事