ここから本文です

羽生善治九段が新年度は黒星発進…苦手・菅井竜也七段に苦杯 対戦成績3勝7敗/棋聖戦決勝トーナメント

4/4(木) 19:22配信

AbemaTIMES

 将棋の羽生善治九段(48)が4月4日、棋聖戦決勝トーナメント2回戦で菅井竜也七段(26)に99手で敗れ、新年度初対局を白星で飾ることはできなかった。

 昨年、あと一歩で逃したタイトル100期の大記録を目指す羽生九段は、過去16期の獲得経験がある棋聖位での挑戦権獲得を目指していたが、この日の相手は前日までに3勝6敗と苦手にしていた菅井七段。終盤まで五分の勝負かと思われたが、一気に形勢が傾いた。対局終了時の残り持ち時間は羽生九段が5分、菅井七段が34分。勝った菅井七段は準決勝で、渡辺明二冠(34)と稲葉陽八段(30)の勝者と対戦する。

最終更新:4/4(木) 19:22
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事