ここから本文です

二輪4社、交換式バッテリーで協働…航続距離や充電時間の課題解決へ

4/5(金) 7:30配信

レスポンス

ホンダ、川崎重工業、スズキ、ヤマハ発動機の国内二輪4社は4月4日、日本国内における電動二輪車の普及を目的とした「電動二輪車用交換式バッテリーコンソーシアム」を創設し、協働を開始すると発表した(一部既報)。

[関連写真]

二輪業界では、より環境にやさしく利便性の高いモビリティとして、電動二輪車の普及を業界全体で検討しているが、航続距離、充電時間、車両およびインフラコストが課題となっている。これらの課題を克服するための一つの手段として、同コンソーシアムでは共通利用を目的とした交換式バッテリーと、そのバッテリー交換システムの標準化の検討を進め、技術的なシナジーやスケールメリットを創出することを目指す。

代表幹事:本田技研工業株式会社安部典明常務執行役員二輪事業本部長のコメント

「電動二輪車の普及には、航続距離や充電時間等の課題解決が必要であり、交換式バッテリーは有効な解決策と言えます。お客様の使い勝手を考慮すると、交換式バッテリーの標準化や交換システムの普及が不可欠と考えています。このコンソーシアムにおいて、まずは国内二輪4社で協働検討をすすめるとともに、この考えにより多くの方々に共感いただくことで、電動二輪車の利用環境が改善され、お客様の利便性を向上させる一助となればと思っています」

《レスポンス 丹羽圭@DAYS》

最終更新:4/5(金) 7:30
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事