ここから本文です

初改訂、クモ類追加 静岡県版レッドデータブック・動物編

4/5(金) 7:10配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 静岡県は、絶滅する可能性のある野生生物の情報をまとめた「県版レッドデータブック・動物編」を2004年に初版を発行して以来、初めて改訂した。生息状況の調査が進んだクモ類23種を追加し、初版よりも89種多い474種を掲載した。哺乳類、鳥類、爬虫(はちゅう)類、両生類、淡水魚類、昆虫類、陸淡水産貝類、クモ類の8分類群を対象にした。種別は新規で97種、分類変更が105種、削除が8種。

 生物を判別しやすくする工夫もした。初版ではあまり使っていなかった写真をほぼ全ての種に添えたほか、世界共通の学名も全ての種に掲載。県内のどの地域に分布しているのかを記した分布図も全種で掲載した。書店では販売せず、県ホームページに掲載する。

 県は19年度、レッドデータブックの植物編や一般の人向けの普及版、県内で生息が確認された野生生物のリスト「野生生物目録」も改訂する。

静岡新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事