ここから本文です

親日家クイーン来日? 配給会社社長「高い確率だと思っている」

4/5(金) 17:43配信

東スポWeb

 世界的にヒットした映画「ボヘミアン・ラプソディ」のブルーレイ&DVDが17日にリリースされることを記念して5日、東京・千代田区の東京ミッドタウン日比谷でイベントが開かれた。

「ボヘラプ」配給会社、20世紀フォックスの川合史郎社長によると、日本での興行収入は130億円に到達。社会現象になった理由は「全く分からない」と笑ったが、「(クイーンの)ファンが見に来るのは分かる。全く知らない人が感動、感激してくれた。音楽以外に映画のストーリーが日本人の心に響くものがあったのか」と分析した。

 また川合氏は、親日家でもあるクイーンのメンバーの来日について「来るかもしれない。僕は高い確率だと思っている」と話した。

 一方、ミッドタウン日比谷は今春、開業1周年を迎えた。それを記念して、1980年代をほうふつさせる「バブリーダンス」がネット上で話題になった大阪・登美丘(とみおか)高ダンス部30人がクイーンの名曲「We Will Rock You」など3曲のメドレーに乗って圧巻のダンスを見せつけた。

 このダンスは先月末のフジテレビ系特番でも披露された。振付師のakaneさんは「2か月くらいで全部仕上げた」と舞台裏を明かした。

最終更新:4/5(金) 17:43
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事