ここから本文です

ドーハ世界陸上の男女20キロ競歩代表が決定…世陸の日本勢最上位メダリストは東京五輪内定

4/5(金) 16:24配信

スポーツ報知

 日本陸連は5日、都内で会見し、2019年ドーハ世界陸上の男女20キロ競歩代表5選手を発表した。男子は16年リオ五輪代表の高橋英輝(26)=富士通=ら3選手。女子は18年ジャカルタ・アジア大会銅メダルの岡田久美子(27)=ビックカメラ=ら2選手が代表入りした。

 今村文男・五輪強化コーチは「東京五輪はもちろん、東京五輪の先まで見据えられる布陣となった。世界陸上におけるメダル、入賞を具体的な目標として捉えられる布陣ではないかと思っている。本番に向けて、レース中のサポートも含めて準備していきたい」と述べた。

 男女20キロ競歩では、メダルを獲得した日本勢最上位の選手が、20年東京五輪代表の内定を得る。

 代表選手は以下の通り。

【男子】

高橋英輝(26)=富士通=

山西利和(23)=愛知製鋼=

池田向希(20)=東洋大=

【女子】

岡田久美子(27)=ビックカメラ=

藤井菜々子(19)=エディオン=

最終更新:4/17(水) 11:21
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事