ここから本文です

ゆりやんレトリィバァ、アキナの2人に連続でフラれる またもラブコール失敗

4/5(金) 18:37配信

オリコン

 お笑いコンビのアキナ、ピン芸人のゆりやんレトリィバァが4日、大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールで行われた『SLAVA’S SNOW SHOW』日本公演開催の記者発表会に出席。会見中には、クラウン(道化師)が記者席に乱入し、ゆりやんがクラウンに変身するなど、自由すぎる異例の会見となった。

【写真】クラウンに変身するゆりやんレトリィバァ

 ショーに出演するのは、動きと表情だけで喜怒哀楽を表現するクラウンのみ。会見は、演出を務めるスラバ・ポルニン氏が舞台に腰掛け、出席者全員が舞台に座って会見をするという珍しい光景。会見中に記者席に乱入したり、動き回ったりと自由すぎるクラウンたちに翻弄されながらも、アキナ・秋山賢太が進行を務めた。

 以前の公演などでクラウンを経験したというゆりやんは「クラウンになりたい人?」という呼びかけに立候補。クラウンが衣装とメイク道具を持ってきて、その場で変身した。5分ほどでクラウンとなったゆりやんは会場でいたずらをスタート。アキナの山名文和を操ったり、スラバ氏にいたずらしたりするなど、クラウンらしく何でもアリ。さまざまな行動で会場を盛り上げた。

 また、「日本公演では、ゆりやんさんのために特別席を用意しておきますね」とスラバ氏。それにゆりやんは「大切な人と行きたいので、もう1席ご用意を」とおねだり。同行者候補として山名に「一緒に行ってください」とお誘いするも、「無理です」とあえなく断られた。「じゃあ…、秋山さん…」と朝日放送(ABC)の塚本麻里衣アナウンサーと新婚ホヤホヤの秋山に甘えてみるも「誰でもええんかい」と即決でフラれてしまった。傷心のゆりやんは「もう1席でいいです」と返し、笑いを誘っていた。

 日本では3回目となる、SLAVA’S SNOWSHOWは、『シルク・ドゥ・ソレイユ「アレグリア」』の場面演出をし、評価を得たスラバ氏が創作・演出する世界で700万人以上を動員してきた体験型ファンタジーショー。今夏に大阪と東京の2会場での公演が予定されており、スペシャルサポーターにアキナ、ゆりやんレトリィバァ、福本愛菜が就任した。

 COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールで7月19日から8月7日まで、東京・シアター1010で8月10日から25日まで開催される。スラバ氏は「観客にクラウンのようにアホになって楽しんでほしい」と呼びかけた。

最終更新:4/5(金) 18:37
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事