ここから本文です

乾のフィード奪われ失点…アラベス、上位対決落としてEL圏外へ

4/5(金) 4:25配信

ゲキサカ

[4.4 リーガ・エスパニョーラ第30節 セビージャ2-0アラベス]

 リーガ・エスパニョーラは4日、第30節を行い、MF乾貴士所属のアラベスはセビージャに0-2で敗れた。2連敗のアラベスは欧州カップ圏外の7位に転落。右サイドハーフで2試合ぶりの先発出場を果たした乾はチームの守勢を打開することができなかった。

 前節終了時の順位はアラベスが勝ち点44の5位で、セビージャが同43の6位。共にUEFAヨーロッパリーグ(EL)圏内をキープし、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)出場権も狙える位置につけている中、上位直接対決がセビージャの本拠地ラモン・サンチェス・ピスフアンで行われた。

 序盤はセビージャが一方的にボールを握るも、固いブロックを敷くアラベス守備陣に対して攻めあぐねる展開が続いた。ところが前半41分、乾のミドルパスをDFセルヒオ・エスクデロに奪われると、エリア内へのフィードがこぼれてMFパブロ・サラビアへ渡り、中央にパス。これをMFロケ・メサがダイレクトで決め、均衡が破られた。

 後半22分、乾はFWパトリック・トゥマシと交代。チームがなかなか攻撃に出られない中、持ち味を発揮することはできなかった。セビージャは同35分、FWウィサム・ベン・イェデルのパスからサラビアが決めて追加点を奪取。そのままタイムアップを迎え、アラベスは2連敗を喫した。

最終更新:4/5(金) 4:25
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事